【飯テロ】肉料理を簡単に。炊飯器で出来る超簡単ローストビーフ

パーティー・行事などの催し物にぴったりのローストビーフ。

普通に作ると「中まで火が通らない程度に保温」することが難しいのですが、今回は「炊飯器」を使って簡単にローストビーフを作る方法を紹介します。

1 youtube動画でローストビーフの作り方を解説

2 ローストビーフの材料

【肉】
☆牛肉(ロース・ランプ・サーロインなど) 200g
☆塩コショウ 適量
☆サラダ油 適量

【ソース】
☆醤油 大さじ2
☆ウスターソース 大さじ1
☆ケーキシロップ 小さじ1
☆玉ねぎ 1/2個
☆にんにく・しょうが お好みで

【添え物】
☆水菜(レタス)
☆玉ねぎ(ソースの余りを使うと便利です)

※ ジップロックを使用します。

3 作り方

① 牛肉に塩コショウを振る

② 牛肉の表面を両面焼く

③ 牛肉をフライパンに、ソースの材料を入れて加熱する

④ ジップロックに牛肉とソースを入れる

⑤ 70℃のお湯を入れた炊飯器に④を入れ、30分保温

⑥ 保温後、中身を取り出し、切り分けて盛りつけば完成!

4 ポイント

4-1 牛肉に火を通しすぎない

火が通り過ぎると、どうしても肉が硬くなってしまうため、牛肉は表面のみで焼きましょう。
また、炊飯器には70℃のお湯がベストです。熱湯であると火が通り過ぎてしまう場合があります。

4-2 玉ねぎは荒みじん切りに

一般的なレシピでは玉ねぎの「磨り下ろし」を使うケースが多いのですが、今回はあえて荒みじん切りにしました。

荒みじん切りにすることによって、玉ねぎ自体もソースと肉汁を吸って、とても美味しくなります。ローストビーフを食べたあとに残った玉ねぎをホカホカご飯に乗せるなど、ローストビーフだけでなくソースも余すことなく楽しむことが出来ます。

ローストビーフの作り方 まとめ

表面を焼いて炊飯器のスイッチを入れるだけで、簡単にローストビーフが出来ます。料理が苦手な方でも簡単にできますので、ぜひお試し下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事